猫たちゴロゴロ

かわいくて、ワガママな猫たちの画像、ニュースのまとめサイトです。 ゴロゴロ昼寝してゴロゴロ喉をならすネコたち。にゃんこの表情やしぐさに癒され♡たり、面白な行動にビックリかも!=^_^=


    可愛すぎて食べるのがツライ……ツラくて串に刺せない、みらたしなニャンコたち!
    おたくま経済新聞

    手作りの和菓子って、ほっこりしていいですよね。白玉団子などは簡単に作れて美味しくできあがります。筆者は名古屋の出身なので、尾張地方の郷土菓子とも言える「鬼まんじゅう」をよく作ります。しかし、お団子は意外と作らない……。

    秋のお月見のお供にはみたらし団子もピッタリかと思いますが、あまりにも可愛すぎて串に刺すのもためらわれてしまうニャンコなみたらし団子が話題を呼んでいます。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

    ほっこり系な可愛い猫のラインスタンプや、「関西弁にゃんこ」の4コマ漫画も大人気のイラストレーター、 きゃらきゃらマキアート Makiさん(‏@ccmakiart)が、自身のイラスト通りに仕上げたみたらし団子がとってもニャンコ!作った本人も暫くは食べる事が出来なかったというくらいに可愛いので皆さん見てください。

    ころっとしたフォルムのねこ、ちょこんと突き出たお耳と手足や尻尾がめちゃキュート。みたらしのタレの掛かり具合が毛並みの色合いの様で、つやつや感がタマラン!!チョコペンで書いたというお顔にもみたらしのタレをちょんと付けて、より愛らしさが増しています。おまけの肉球も、ついふにふにしてしまいたくなる可愛さ。真っ白の白玉生地に緑の肉球がよく映えます。

    イラスト通りの仕上がりに、作ったご本人も串を刺すのを止めてしまった上にしばらく食べられずに冷蔵庫の中に眠らせていたそうです。流石に硬くなる前に、ようやく食べたそうですが。

    メイキングの写真も投稿されています。なるほど、しっかり目の白玉生地をねこに形成して茹で上げるのですね。これが和風カフェでメニューに出されたら絶対インスタ映えするとお客さん殺到するのでは? 注文して、食べる前に絶対写真撮るでしょ!そして可愛さのあまり悶絶しながら一気に頬張ってしまいそうです。だって可愛すぎてかじるのためらってしまいそうだし……。

    <記事化協力>
    きゃらマキさん(@ccmakiart)

    (梓川みいな)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    これは・・食べられない。可愛すぎだわ。

    <このニュースへのネットの反応>

    【可愛すぎて食べるのがツライ……ツラくて串に刺せない、みらたしなニャンコたち!】の続きを読む


    大好きな大野さんにいっぱいなでられてうれしそうなくうちゃん
    ねとらぼ

     「猫は三年の恩を三日で忘れる」というのは本当なのか……? 2年前に離ればなれになった猫ちゃんに、子猫時代からの元飼い主の声を聞かせてみたという実験動画をカルカンが公開しています。検証結果が、ニャンともかわいらしい。

    【画像:大野さんの声を聞いたくうちゃん「!」】

     入院のため、2年前にやむなく愛猫の“くうちゃん”を仙台に住む知人に譲った元飼い主の大野さん。一緒に暮らしていたときの様子について「テレビが好きで、歌番組を一緒に見ていた」とうれしそうに振り返りつつも、実験に関しては「覚えていてくれるといいんですけれどね」となんだか不安そうです。“猫は他人と飼い主の声を聞き分ける”という実験データは存在するものの、2年も離ればなれだったとなると話は別。「忘れていたら泣いちゃうよ」と語る大野さんでしたが、結果は意外なものでした。

     大野さんたちの声を録音した丸形のスピーカーを用意し、テーブルの上で寝ている“くうちゃん”の脇に設置。まずは大野さん以外の声で「くうちゃん」と呼びかけますが、聞き耳だけ立ててまるで反応しません。ところが大野さんの声が流れるやいなや、何かに気付いたように耳をピンと立て、ハッと振り向きます。ちゃんと覚えていてくれたんだ……! 思わず涙ぐみながら「涙が出てきちゃった」と大野さん。

     そして実験を終えた大野さんの元にもう1つサプライズが。なんと、スタッフが仙台からわざわざ“くうちゃん”を連れてきてくれたのです。久しぶりに会えたせいか、2人(1人と1匹)ともなんだかうれしそう。ソファの上で大野さんにいっぱいなでられ、うれしそうに鳴く“くうちゃん”でした。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    大野さ~ん!!(感涙)

    <このニュースへのネットの反応>

    【離ればなれになった元飼い主の声を猫は覚えているのか? 「猫は三年の恩を三日で忘れる」は本当かどうか検証してみた動画がニャンとも泣ける】の続きを読む


    思わず斜め。とっても斜めの猫社員が目撃され思わずふふっとなる
    おたくま経済新聞

     相変わらず大流行しているハッシュタグ『#ねこの写真ヘタクソ選手権』ですが、ここぞとばかりに参戦している企業さんも続々と出てきています。

     残念ながら弊社の猫社員はご高齢なため動きのある写真などを披露することができないのですが、重力を無視したような斜めっぷりを披露している猫さんがツイッター上に投稿され人気を呼んでいます。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     ペットフードの製造および販売を行うイースター株式会社(@yeaster_JP)が投稿した猫社員たちの写真が、あまりにも斜めでリプライに似た様な構図を貼り付けに来る人も。後ろの猫さんが冷ややかな雰囲気を醸し出しているこの対比も何だか笑えます。どうしてまたこんな構図に……。

     この写真を投稿したイースター株式会社の企画開発部のもちこさんにお話を伺いました。写真は2014年に撮影されたものとのことです。ここに写っている猫社員たちは既に虹の橋を渡ってしまったそうですが、写真では元気な姿を遺してくれています。

     「斜めになってるミックスの『にゃんたま』くんは本当に元気にいつも猫じゃらしをキャッチしてくれてたのですが、たまたま、本当にたまたまキャッチしそこねた哀愁漂う姿になっております。そして後ろにいるアメショの『リク』くんはねこじゃらしに興味あるんですが飛びかからず見てるだけなのですが、余計にミスマッチ感になったのだと思います。二人とも仲のいいコたちでしたよ。」と当時のことを教えてくれました。

     にゃんたま君もリク君も今はいませんが、他の猫社員の皆さんや犬社員の皆さん、ウサギ、フェレット、ハリネズミ、フクロモモンガ、インコ、チンチラ、ハムスター、モルモット、デグーなど各ペットフードの試食係として「大事な即戦力すぎる社員さん」が多数在籍されているとの事。モフモフに囲まれたお仕事……思わず想像して顔が緩んでしまいそうです。

     それにしてもペットフードの会社だけに幅広い動物社員さんが活躍されているのですね。かわいいだらけの職場に、あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~となってしまいます。

    <記事化協力>
    イースター株式会社もちこさん(@yeaster_JP)

    (梓川みいな)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    あああ...倒れる~。はち割れ猫さん、なんかシュール。

    <このニュースへのネットの反応>

    こういう写真撮れるようになりたいw


    ねこです よ ろしく おねがいしま す


    Smooth Criminalを踊るホワッツマイケル


    (´・ω・`)アメショの何だか湿った目線よ……


    思わず横で見ていた猫も真顔に


    斜に構えてみた


    かわええ


    真顔でさらに草


    ⁉︎


    マイケルジャクソン


    決定的瞬間


    許されざる角度




    このページのトップヘ